こんにちわ!やばきゅVJのらぴです。

2018/9/24 岡山で開催された

King of MIDIコン Fighters 2018  ハッシュタグ 

というイベントに参加してきました!いろいろなVJの情報交換ができてとても楽しかったです!また開催してほしい!な!

 

そこで、岡山のVJ作楽さんと

「VirtualDJはアニクラ系VJでよく使われてるけど、使用者数に比べ情報が少なすぎる!」

という話題で盛り上がっておりまして、VJはじめたけどVirtualDJはAB間の映像移動しか使ってない!すでにVitrualDJ→ResolumeとかSpoutしてるから別に・・・!

という方も、何かの足し程度になればいいな!

というよりVirtualDJのVJ目的使用者を増やして、いいコマンドの情報を・・・もっと潤して・・・頼む・・・

VirtualDJが他のVJ機材より圧倒的に情報が少ない原因は、間違いなくややこしすぎるマッピングのおかげでしょう。(そりゃDJ用だし・・・)

このよく見る画面。右上の歯車マークみたいなところから編集できます。

まず下のスポイトみたいなマーク、これを使えば画面に表示されてるボタンをmidiコントローラとかにマッピングできます。が、VJで使う場合これがそもそものです。

VirtualDJの基本的なマッピングはすべてコマンドの手打ちです。

たとえば、最もよく使う「サンプラーに仕込んだ汎用素材をパシパシできるようにする」

マッピングですが、

sampler pad 1」もしくは「sampler__pad “サンプラーの名前”」となります。

前者のほうは下の画像の左上の「kidspats汎用」が再生されます。後者の場合は、「sampler_pad “kidspats 汎用” 」とマッピングすれば、どのサンプラーバンクを表示してようと、ソイツが再生されます。

 

<基本>

https://sites.google.com/site/vdjscript/

きっとどなたかが有志で作成された、VDJスクリプトの翻訳サイト。いわゆる神。

全部ここに書いてあるので、本記事では基本だけかきます。

マッピングにはANDとtrue/falseが使えます。

■「半角&」→そのまんま

sampler_pad 1 & video_fx “Boom” (サンプラー1を再生しながらboomエフェクトをかける)

■「shiftコマンド」

「shiftを押しているなら」という条件をつけます。主にtrue/falseでつかう。

■「半角?(ハテナ) 半角: 」 → true/falseで使うやつ。

shift ? sampler_pad 1 : video_fx “Outline”(shiftでマッピングされているキーが押されている場合、サンプラー1を再生し、shiftが押されていない場合は「Outline」エフェクトをかける。)

■押してるときだけ

video_fx “Outline” while_pressed」(Outlineエフェクトを、そのキーが押されてるときだけかける。)

 

<エフェクト>

でもVirtualDJ、映像エフェクトはそもそもあんまり良いエフェクト、ないよね・・・

エフェクトのon、offは

video_fx “エフェクト名”

スライダーをマッピングする場合は、

video_fx_slider “エフェクト名”

となります。

スライダーとかのパーセンテージを見るために、

effect_show_gui “エフェクト名”

というコマンドも上で説明した&で一緒にマッピングしてあげると見やすくてお勧めです。

(shiftがはいってるんでめちゃくちゃややこしい・・・)

effect_show_gui “エフェクト名”」で出てくるヤツ。ピョイって出てくる。

 

第一回目はここまでです!

次回やばきゅーぶは10/7です!

遊びにきてね!