デラグルーヴの誰得ディスクガイド【第10回】

|1|2|3|4|5|6|7|8|9|10|11|12|

最近「君はいったい何DJなんだ…」と言われているデラグルーヴです。

遂にこのコラムも10回目を迎えてしまいました!

いつも読んでくれている皆様ありがとうございます!

ということで、今回は僕がアニクラにいくきっかけとなった「アニソンRemix」について、特にHouse系のRemixについて紹介します。

 

最近はアニソンのシングルにも収録されているのでなじみのある方が多いと思いますが、アニソンRemixとはアニソンのボーカルに新たに作成したオケを合わせて作られる楽曲を指します(たぶん)。

原曲にクラブユースなドラムやベースを加えるEdit楽曲と楽曲を重ねるMashupなどもRemixの親戚といえるでしょう。

また、Houseというのはクラブミュージックのジャンルの一つで、ファンクなどを土壌に発展したジャンルなのですが、詳しいことはWikipedia先生に聞いてください

ざっくりと

4つ打ちでBPM120~130近辺で、Tranceみたいな大きなブレイクがあるわけでない曲(ついでに生音系の音を使ってることが多い)

くらいの認識でいいです(ハウス警察さん許して)。

 

「Splash Free (motioncraft Remix)/motioncraft」

Free!」EDのRemix。

最近一番好きなHouse系リミキサーのmotioncraftさん制作。

Free!が持つ清涼感とピアノがマッチしていて夏にピッタリな気持ちいい曲になっています。

ファンキーなベースラインもGood!

ピアノハウス系のRemixに繋げるもよし、「ビバナミダ/岡村靖幸」などファンキーな4つ打ちアニソンと繋げていくのもよしです。

 

 

「鳥の詩 –C’s House Remix-/ちゃーりー」

おたく×ハウスを追及するパーティー「nextream extend」の主催でもあるちゃーりーさんの「鳥の詩/Lia」のRemix。

優しいパーカッションが気持ちよく、原曲の雰囲気をうまく残しているように感じます。

カフェのテラスとかで聴きたいですね。

Tokyo Audio Waffle」シリーズなどと合わせて使うといい雰囲気を作れるのではないでしょうか。

 

 

「Hello Alone (Pylonix House remix)/Pylonix」

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」ED「Hello Alone/雪ノ下雪乃(早見沙織)&由比ヶ浜結衣(東山奈央)」のRemix。

どちらかといえばアップテンポだった原曲とは違い、綺麗なハウスに仕上がってます。エモい。

前述の「鳥の詩 –C’s House Remix-」とも相性は良いです。

エンディングっぽさが強いので、パーティーのラストに使うと気持ちいいのではと思います。

 

 

「tempestas/Summer Gone」

名探偵コナン」の「夏の幻/GARNET CROW」Remix。

ヲタCross Line Extra Edition」収録。知る人ぞ知る非公式アニリミコンピCD

20代~30代の方は特に原曲に懐かさを覚えるのではないでしょうか?

アコースティックな楽曲なので、やはりハウスとの相性はピッタリ

僕もここぞという時にかけています。

なかなか入手できない一枚ですが、見かけたときは即買い推奨の名盤です。

 

 

「時を刻む唄 (100-200+tanigon Remix)/100-200+tanigon」

CLANNAD ~AFTER STORY~」OP「時を刻む唄/Lia

Visual Art’sの20周年記念公式リミックスアルバム「Visual Art’s 20th Anniversary Remixes」に収録。

制作は、トラックメイカーで同人サークル「Soundspringer」の100-200さんと「ついったー東方部」でジャズアレンジを作っているピアニストtanigonさんのユニット。

エモいピアノハウス。最高。

途中3拍子ですが、イントロアウトロはちゃんと4つ打ちになっています。

フル掛け推奨な一曲。

Key関連の楽曲は、公式からリミックスがバンバン出ているのがうれしいですね。

ありがとうKey。

 

 

「三つ葉の結びめ (Pylonix House remix)/Pylonix」

凪のあすから」後期ED「三つ葉の結びめ/やなぎなぎ

原曲もいい曲なのですが、バラード系楽曲なので使いづらく、このリミックスをよく使っています

爽やかながらも切ない、凪のあすからのイメージが伝わる良曲です。好きなアニリミ5本の指に入ってます。

 

 

「Love Diversity/ITM」

這いよれ!ニャル子さんW」ED「Sister, Friend, Lover/RAMMに這いよるクー子さんとクー音さん

A-Remix Nation 8」収録

最後に紹介するのはハウスじゃなくてProgressive Houseです。

ざっくりとハウスとトランスのあいの子と認識してもらえればOKです。

原曲自体が(おそらくRAMMのMasayoshi Minoshimaさんがメインで制作したのであろう)Progressive House系アニソンなのですが、さらにITMさんの重厚な空間系の音が加わり浮遊感マシマシなプロッグになってます。

同じく「A-Remix Nation 9」収録の「Linked Colors/ITM」や、同じくProgressive Houseリミックスの「ユメツヅリ (Puru Remix)/Puru」などと繋げると幸せになれます。

 

ということで、まだまだ紹介し足りないですが今回はここまで。

月1くらいでジャンル絞ってRemix紹介できたらいいなと思います。

次回は何やるか不明ですが宜しくお願いします!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)