どうも皆さんこんにちは!俺の更新の前にはコラム書きにくくなるレベルの記事がよく上がって涙目の銅鑼基地です!9月の本編やばきゅの前にゲームコラムをどうぞ!という訳で今回のゲームの前に前回のアンケート結果からどうぞ!

と、いうわけで今回はVCのSTGの中から選びます!今回からWiiじゃなくてWiiUでやってるからスクショが横長くなってるけど気にしないでね。じゃあ今回のゲームはこちら!

始まりはこの画面から

MSXで発売された1988年発売KONAMIパロディウスをプレイしたぞ!久々に新規のSTGとかやったわ……ちなみに次回作の移植版であるGB版の「パロディウスだ!」は単4電池100本分ぐらいやりました(初代GB換算)。

さて、あまり聞き覚えのないハードだと思いますMSX。これは昔のPCなんですよね。Windowsとかよりも前のものだと思ってください。PCというよりは知育玩具のLvが上がったって感じのほうがしっくりクルかもしれません。

わかりやすいロゴ

僕とMSXとの出逢いは我が家に会ったジョイカード(拡張コントローラーと思ってください)2枚なんですが、ファミコン用のジョイカードとMSX用のジョイカードって接続端子めちゃくちゃ似ているので当時両方持っていたんですけど「何でファミコンにこれささんねぇの?」って思ってました。ある日友人宅で出てきたMSXの端子を見て全部解決したんですけど、何で我が家にあったのかはいまだに不明……

というわけでやっていきましょ

キャラ一覧です。見てもらえばわかるんですけど、全部のKONAMIのキャラですね。タコはまぁ主人公なので今作オリジナルですが、「けっきょく南極大冒険」「がんばれゴエモン」「魔城伝説」「グラディウス」の各作品主人公が集まってます。ワイワイワールドとかもだし、KONAMIって結構自社他作品のキャラを使うの多いんですよね。

見覚えのあるシステム

タイトルとキャラ一覧でわかった人もいると思いますが、このゲーム「グラディウス」のパロディゲームです。システムも強化も全部グラディウスと一緒です。

アイテム落とす敵は一定

「スピードアップ」「ミサイル」「上向きダブル」「レーザー」「オプション」「スカ」「バリア」のパワーアップを駆使してステージを進んでいくSTGです。キャラ性能に差はなく、通常ショットとオプションとアイテムとやられモーションが違うぐらいで完全に見た目で選んで問題ありません。最終的にはレーザーとオプションゲー。

ツインビーと同じ

そしてランダムに出現するベルに弾を当てると色が変わり、効果が変化するのでコレを上手に使っていくのがコツになってきます。

コンテニューは無限

前回はRPGだったので割と問題なかったんですけど、今回は一番の難関が寝落ちなんです……残機0でやられると上記がめおべら画面になって、特定ボタンでコンテニューできるんですけど、寝落ち=はじめからやり直しなんでとても辛かった……面セレクトは邪道と思って使ってません。

と、まぁ大体ゲームの感じはわかってもらえたと思うのでいつもどおりスクショガンガン貼って解説していきますね!

全体を通して敵はバカっぽい

1面の中ボスであるモアイですね。敵の造形は大体こんな感じでアホくさいのに難易度は高めという昔のSTGあるある的な奴ですね。まぁ温くてもすぐクリアしちゃうからこれ位の難易度がちょうどいいんですけどね。敵のやられモーションもPCっぽく文字でひ→で→ぶってなって消えていきます。それなんて北斗。

ちなみに操作キャラはタイトルに戻らないと変えれません

1面ボスとして出てきたあんまり可愛くないペンギンです。このゲーム昔のSTGあるあるの一つにスクロールがめっちゃカクカクってのがあるんですけど、例に漏れずそれです。そんでもってボス戦って基本的にスクロールが無いので一番ストレス無く戦えます。それでも当たり判定とかで苦しむんですけどね……

理不尽を味わう2面

2面ボスはなんと戦闘前にじゃんけんがあります。勝てば無条件勝利。負ければ2面頭から。あいこで通常戦闘というもの。いや普通に戦わせてくれ(5連敗ぐらい普通にする)……

地底(っぽい)面もSTGあるある

3面は地底っていうかなんかもうモグラ面です。ボス前のギミックがとてもつらいんですよ

全部落ちてくるまで進めません

とにかく根性避けで全部避けます。全部避けます。コレを避けるために敵なんて居ないのにひたすら連打して弾を撃って処理落ちを発生させます。そしてただただ根性で避ける!当たり判定大きいしひたすら避けるのが本当に辛い集中力もっていかれる……

へのへのもへじ

地底面のボスがなんでてるてるぼうずなんだよ!!!!!!とかって怒ったら完全にこっちの負けですね。笑って静かに倒すしかありません。ちなみにこいつ有効打は吊ってある糸みたいな場所に当てないと駄目です。どこから吊ってあるんだよおい。

ザ・ローリング・ストーンズ

続きまして4面の中ボスであるくちびる。こいつ2列4体の隊列で最初は襲ってくるんですけど、そんなときにスクショ撮ってる余裕なんか無くラス1でようやく撮れたらなんか絵が寂しいねコレ……パワーアップが整ってないと間すり抜けなきゃいけなかったりで割と中盤以降の中ボスって感じ。

ババババァー!

このご時勢誰得だよ……的なメイド2人が4面ボス。右のメイドを倒すと左のメイドが右に移動してって倒すという中ボスのくちびると同じ感じやんけ!!!!ってなるボス。4面の敵コンセプトがこういう感じで挟み込むって奴だったんだろうなぁ……

骨太な最終面

さて最終面のスクショですが、最終面にふさわしい難易度とギミックです。狭いエリアで動くギミックと敵の弾を避けながら最奥まで進む。STGの醍醐味ですけどめっちゃキツい……

は??????

そしてこんな感じで壁が2箇所あります。進めねーだろ!!!!!!!って感じですが、前述のベルの効果「ヨコワープ!」を利用して進みます。ベル前提かよってステージ構成が完全にプレイヤーを殺しに来ている。

ルパンの映画でありそう

最後の中ボスはミジンコを敵っぽくした感じ。R-TYPEっぽさを感じますが気のせいですヨネー。ひたすら耐えてれば何とかクリアできるので難易度は無いんですけどここで死ぬとあのコースもう一度かよつらいというプレッシャーが凄いんすわ。

ボスの名前もギャグかよ!!!!

OPのデモでラスボスは「バグ」だ。とネタバレがあるんですけど、実際最後に行ったら出てくるのはバクに゛が付いてるって完全にダジャレじゃねぇか!!!!!!とはいえ普通に手強い敵であることには代わりません。集中力との勝負です。

 

と、言うことでココでスクショは途切れている。いや、ホント10時間でも無理でした。ラストボスに挑戦するよりもラスト面の方が心辛かった……STGとかのセーブできない基礎レベルも上がらないゲームって、以下に効率良くプレイする方法を見つけるか。というのが面白さで、RTAとかがそういうのに最近だとあたってんのかなぁってやりながら思いました。でもたまに古い未経験のSTGやるの悪くないと思います。

ここから恒例音楽の話。MSXってFCに比べて音源チップが優秀なんて事は無く同レベル、PC88シリーズ等にはFM音源の差で負けていました。しかし、KONAMIがMSX向けにSCC音源というモノを開発し、以後同社から発売されるゲーム内にはすべて採用され、音的にも負けないものとなっていきます。有名作でいえばメタルギア(ソリッドの前)シリーズかな。今でもBGMとして熱いものが多いので聞いてみては?

今回のゲームである「パロディウス」にしてもSCC音源を採用しています。道中の音楽は基本的に有名クラシックを採用しており「あれ?聞いたことあるなこの曲?」ということが多々あります。コレとかコレとかコレとか流れますんで。たまーにはクラブでこういう楽曲を聴くのもいいかもね。運動会シーズンですしもうすぐ。

 

そんなこんなで次回9/3のやばきゅーぶは愛媛ニジゲンフリークスさん達とコラボ回!僕は当日にぎやかしですが、皆遊びに来てくれよな!詳しくはこちらからどうぞ

 

最後に次回コラム用のアンケート置いときますね!じゃあまたコラムでは来月!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)