懐ゲーをやると止まらなくなって困りますね。どうも銅鑼基地です。お待たせしました(?)懐ゲーと思い出ついに創刊です。という訳で今回のゲームはこちら!

OPに出てくる鳥がとても綺麗なんすよ

1993年にSQUARE(現SQUARE ENIX)から発売された聖剣伝説2をプレイしましたよ!楽しかった!VC(WiiU版)のページはこちらからどうぞ!という訳で簡単にストーリー導入からどうぞ!

ファンタジーと機械の融合はいつの時代も心躍る

 世界はマナと呼ばれる魔法の力がある世界。この力を巡って大きな戦争が過去に行われました。そしてその力は封印され、いつの日か御伽噺として語り継がれるようになっていきました。

この情けない中央にいるのが主人公

物語は町の少年・ランディがとある剣を手にした事でページが進みはじめます……

タイトルにもある聖剣との出逢い

とまぁこんな感じの導入なんですが、もともと聖剣伝説と言うのはファイナルファンタジー(以後FF)シリーズの外伝としてスタートしました(初代作にはっきりと書いてある)。しかし、この作品から聖剣シリーズとして明確に枝分かれして進んでいくことになります。後のシリーズおなじみになる敵キャラ・NPC・システムなどは今作から導入されているものが多く、まさしく聖剣の基盤といった作品が今作な訳です。

らぴじゃないよラビだよ

当時のFFと違い、シームレスにアクションでバトルしていくRPGで、もともとはこのシステムはFF4に導入予定でした。しかしその案が廃止になり、その後これまた名作であるクロノ・トリガーに採用される?となったのですが、先に聖剣2で使われることになったわけです。

仲間の行動パターンはこんな感じで決めれる

AIシステムも敵に近づくのか?回避中心なのか?攻撃するのか?攻めるのか?をキャラごとに選択できます。多少頭が悪いけど、SFC時代にしてはよく出来ていると思います。

武器は全8種類を共有します

特に今作から採用されたリングコマンドシステムは当時のメニューは画面切り替えて行うという通例を廃した個人的に一番すげぇなって思うシステムです。アイテムや魔法を誰が使う?といったことを状況を確認しながら選択できるので、無駄にあせる必要が無くなり、ゲームをゆっくり楽しみやすくなったと思います。

あっという間に倒しちゃってね……

というわけで、ゲーム開始→剣ゲット→多少戦闘でチュートリアル的なボス戦になります。このボス強くない上に、戦闘不能になってもお助けキャラが復活させてくれるという最高に甘やかしてもらえるボス戦になってます。ここで戦闘の基本を学んでいく感じですね。むしろ慣れた人の方がちょっと難しいボス。

言い付けを守らなかった少年を罵倒する人々
育ての親村長も庇いきれなかった模様

さて、ボスを倒した後は村の人から口々に「出ていけ!」と言われ続け準備をして出ていくことになります。

コレで準備して出て行けと言われました
えっバンダナしか買えないじゃん……

村長からはした金準備金をもらってついに冒険の旅へ出る事になります。まずは先ほどのボス戦で助けてくれたおっさんの言うとおりに近くの神殿へ向かうことになります。

といった感じで進んでいくわけですが、普通にもう一度最後までクリアしたくなるゲームですね。ストーリーはありがちな巻き込まれた少年が強さを手に入れながら大きくなっていく使命をこなしていく感じなのですが、別に大きな矛盾やなにそれ!って展開もないのでガンガン進む気になるし、下手にサブイベントがあるわけでもないのでスイスイ進めます。残りのスクショをどんどん解説していきましょう。

2人目の仲間プリムが居ますね。

序盤の経験値モンスターと言えばスライム。そしてこの作品のスライムは上記の通り。かわいくない。そして攻撃を受けると一定の確率で分裂する。運が悪いといつまでたっても倒しきれない。辛い。

3人目の仲間、妖精のポポイ加入シーン。

このゲーム、1~3人で同時プレイができるんですけどRPGだと珍しいんじゃないですかね(FF5とかでもあったけどアレは戦闘だけだし)。仲間を3人集めた後はずっと3人でわいわいゲームしながら進めれるので、何人かで集まって攻略するのも楽しいかもね。SFCの時はマルチタップが無いと3人以上は厳しかったけど、VCだとコントローラーさえあれば出来るのでそこもVC版の良さだと思います。ちなみに今作のプレイヤーキャラの性別は男・女・無という3つ。なんてこったい。

えっ大砲……?

大砲?空中迎撃のミニゲームでもあるの?お金稼ぎでも出来るの?とか思ったんですよ幼少期は。そしたら物語上重要な場面で必ず使用する事になるんですコレ。

ヒュン

移動手段でした。序盤の各ポイントの移動には大砲に乗って(?)移動します。こんな感じで上空から落ちてもダメージ一つ無いお前ら一体何者なんだよ……ちなみに落ちてきた3人に接触した敵はダメージ受けます。お前らもう世界簡単に救えるだろ……

シンプル is ベスト

ゲームオーバー画面です。このまま暗転してOP画面にもどります。セーブ地点まで強制で戻りますのでセーブはこまめにね!保存もこまめにね!

後シリーズにも出てくるロボ

幾つ目かのボスであるロボットなんですけど。このデザインめっちゃ好きなんですよね。ふざけていてかわいいんだけど絶対味方とも言い切れないしなんだお前はって気持ちにさせられるんですわ。キーホルダーとか欲しかったなぁ。

この子もかわいいんすよ

最終的に相棒となるフラミーの初遭遇シーンです。この絵いいよなぁ……洞窟の漏れ入る光の中に入る聖なる獣ってのでテンションあがるし何よりかわいいデザインだしもう飼ってモフりたいよね。と言う感じ。

本当は8精霊とかも紹介したかったんですけど、流石に10時間ではストーリー半分くらいしか進めなかったので見たければプレイしてくれ!!!!!頼む!!!!!って感じです。なんと最新ハードであるNintendo Switchで1.2.3のセットが移植されています!!!!!神!!!!!(続編である聖剣3はVC移植されていなかった)

あとは有名な話で、バグが多い!というのも聖剣2の特徴だったりするんですが、VC含め移植では多少改善されています。とはいえボスを倒したエフェクトが始まったらキャラ変更しない、とか守れば進行不能になるバグは無視できるので是非。バックラーバグとかは再現されているし、簡単に進行したい人はあらゆる手を尽くしてできます。

DJイベントのコラムなんで、しっかり音楽の話もさせてください。作曲は菊田裕樹さんで、後にもたくさんの作品の音楽を担当されています。この聖剣2でもフィールド音楽である少年は荒野を目指すとボス戦の音楽である危機は一度聞いて欲しいです。めちゃくちゃカッコイイんですよ……やばきゅで流して皆でうわああああってなりたいよ……

 

 

と、言うわけで初回こんな感じです。実際プレイして思ったのは、RPGで10時間は厳しいけど、アクション・STGなら10時間長い!って作品もあるよなぁ……って感じですかね。思い出を語ろうかとも思ったけどそれに集中しちゃっても「知らんがな!!!!」ってなると思ったので、スクショ中心にゲーム解説していく感じになりました。でもやっぱ据え置きゲームやるの楽しいよね!スマブラとかみんなでやるの楽しいもんな!

という訳で次回のアンケート置いて終わりになります!本編8/6に開催されるやばきゅーぶの事も忘れないで遊びに来てくれよな!詳細はこちら!入場料割引される予約はここから!よろしくお願いします。

これが わかれの ことば!

 


“月刊 懐ゲーと思い出 創刊号 ~FFにならなかった名作~” への1件のコメント

  1. 聖剣2 最高of最高
    曲で一番残ってるのはダークリッチ戦の「呪術師」だけども
    全体的にケルト的な雰囲気がとても心地いい!

    マナの聖域辺りから敵の強さが跳ね上がる感じも
    クライマックス感あってよかった
    最高のARPGだよね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)